ダーツマシンが欲しい!価格相場と手に入れ方

ダーツマシンが欲しい!価格相場と手に入れ方

お店にあるようなダーツマシンが欲しい

お店にダーツマシンを置きたい

そんな悩みを持っている方のために、

この記事では「ダーツマシンの価格相場」と「手に入れる方法」をご紹介していきます!

 

ダーツマシンの手に入れ方

 

View this post on Instagram

 

DARTSLIVE / ダーツライブさん(@dartslive_japan)がシェアした投稿

お店にあるようなダーツマシンを手に入れる方法は3つあります!

 

・購入する

・リース

・ レンタル

と3つです!

 

購入する

購入は、中古新品問わず購入し、自分のものにできます

どの取得方法よりも価格は高くなり、ダーツマシンのメンテナンス、修理、パーツ交換などはすべて自分で行わないといけないのがデメリットです。

ヤフオクなどのオークションサイトやAmazonで中古で販売されているので、簡単に手にすることができます。

 

リース

店舗に設置する場合の取得方法になります

設置代金とリース代で済むので安く手に入れることができ、

ダーツマシンのメンテナンス、修理、パーツ交換は自分でやらないでも大丈夫なのがメリットです。

ダーツマシンの利用料金の何割かを分配して得ることができます。

専用のディーラーを仲介してダーツマシンをリースすることができます。

 

レンタル

購入するよりも安く手にすることができますが、月々のレンタル代がかかってきます。

リース同様に専用ディーラーを仲介してダーツマシンをレンタルすることができます。

 

ダーツマシンの相場

① 購入する

中古で安いものだと10万円から

DARTSLIVE2といった新しいものだと60万円程度します

 

② リース ③ レンタル

月々5万円からのプランがあります。

 

ダーツマシンの維持費

・固定費

・電気代

・メンテナンス代

の3つがかかります

 

固定費は、リースやレンタルをしたときにかかる料金です。

 

電気代は、ダーツマシンは電気につないで使用します。

消費電力は200Wと電子レンジの1300Wに比べてとても省エネだということがわかります。

 

メンテナンス代は、ダーツマシンの修理、パーツ交換などの費用です

 

ダーツマシンを買うときに注意すること

個人でダーツマシンを利用するときは、オンライン対戦ができません。

オンライン対戦をするときは、店舗登録が必要になりますので、個人で利用しようと考えているなら注意しましょう!

 

以上が、ダーツマシンを手にする方法と価格相場でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA